海外の新技術調査から新規事業の企画立案まで、幅広いサーポートを提供します。また、兼業・副業で始めるスモールビジネスのセミナーを実施しています。

海外技術コンサルティング

海外での新技術を調査したい、海外のスタートアップを探したい、米国の大学と共同研究を始めたい、あるいは新規事業の企画立案を支援してもらいたいなど、日本企業の皆さまが抱える課題を支援します。

20年以上の米国滞在経験をもとに米国からの視点で、あなたのビジネスをサポートします。

スモールビジネス起業セミナー

また、自らの脱サラ・起業そして米国でのコンサルタントの経験から、日本企業で社員が副業を始めるためのセミナーを提供します。

社員が専門性を磨きプロフェッショナルになることで、兼業・副業のモチベションを高めると同時に、磨いたスキルを会社の業務に還元することで、Win-Winの関係を築くことができます。

テクノスケープの歴史

テクノスケープは、2009年に米国で開業し、2022年までの13年間にわたって、米国から日本企業の皆さまのイノベーションを支援してきました。2022年に米国から日本に移転して、テクノスケープとして業務を継続しています。 米国では、日本企業の皆さまに向けた新技術調査をはじめ、スタートアップとのコンタクト、大学との共同研究アレンジなど、クライアント企業の皆さまの個別のニーズに合わせて、サービスを提供してまいりました。さらに、特定業界のトレンド・レポートもご要望に応じて提供してまいりました。